アイコン

アイコン素材

Icon material

食べ物アイコン次へ   HOME > 果物アイコン

果物アイコン1

果物アイコン1

果物アイコン2

果物アイコン2

果物アイコン3

果物アイコン3

果物アイコン4

果物アイコン4

果物アイコン5

果物アイコン5

果物アイコン6

果物アイコン6

果物

果物

果物(くだもの)は、食用になる果実。フルーツ(英: fruits)、水菓子(みずがし)、木菓子(きがし)ともいう。狭義には樹木になるもののみを指す。また、多年性植物の食用果実を果物と定義する場合もあり、農林水産省でもこの定義を用いている。 一般的には、食用になる果実及び果実的野菜のうち、強い甘味を有し、調理せずそのまま食することが一般的であるものを「果物」「フルーツ」と呼ぶことが多い。

ヴィクトリアン素材集 アンティーク装飾パーツ&フレーム

ヴィクトリアン素材集 アンティーク装飾パーツ&フレーム

ヴィクトリアン素材集 アンティーク装飾パーツ&フレーム

新品価格
¥3,780から
(2015/6/18 04:44時点)

ヴィクトリアン素材集 アンティーク装飾パーツ&フレーム

英国ヴィクトリア王朝時代の装飾デザインとは ヴィクトリアン 【Victorian】とは、英国のヴィクトリア女王の在位期間であるヴィクトリア王朝時代(1837~1901年)にみられた荘厳華麗で重厚な装飾が特徴の美術様式を指します。「ヴィクトリア調」、「ヴィクトリア風」という意味です。 ヴィクトリア女王の64年に及ぶ在位期間は、全世界にまたがる植民地の獲得、資本主義の発達、産業革命を通して大英帝国の黄金時代となり、英国の美術にとっても黄金期、爛熟期でした。「太陽の沈まぬ国」と称えられるほど、かつてないほどの勢いで都市化が進みました。そして、産業革命による量産化で大量生産が可能となった鉄やガラスが建築素材として使用され始めたのもこの頃からです。繁栄を象徴するかのように華やかなヴィクトリアン様式の装飾が街中の建築物に施され、英国民のファッショントレンドとして流行したのです。ヴィクトリアン様式は、ゴシック様式やバロック様式など過去の様式をベースにした装飾手法が多いのですが、中には中世末期に流行したペルシア調などアジア諸国の影響を受けた装飾も見受けられます。  本書ではこのようなヴィクトリアン様式の荘厳華麗な装飾を、パターン・フレーム・オーナメント・ボーダーの4種類のデザインパーツに分類し、高精細なアウトラインデータにして豊富に収録しました。パーツの組み合わせ、配色変更、拡大縮小などの加工を思いのまま行うことができます。 収録点数755点! (Amazon.jpより)