アイコン

アイコン素材

Icon material

リンクサイトページ2へ   HOME> リンクサイト1>

文字アイコン

文字アイコン

ロゴや文字のサンプルアイコンなどのホームページです
文字アイコンへ


関数型言語(かんすうがたげんご、英: functional language)何をもって関数型プログラミングとするか、ということに関して、関数型プログラミングのコミュニティ内でも正確な定義や合意というものは存在しない。したがって関数型言語の定義も明確な境界はない。ただし、手続き型プログラミングが命令実行の列としてプログラムを記述していくのに対し、関数型プログラミングは複数の式を関数の適用によって組み合わせていくプログラミングスタイルである。手続き型プログラミングの発端は計算機の命令 (instruction/command) や構造に密接にかかわりがある一方、関数型プログラミングは数学の理論を発端としている。

キャラ素材

キャラ素材

キャラクターの素材を紹介しているホームページです
キャラ素材へ


手続き型プログラミング(てつづきがたプログラミング、英: Procedural programming)は、手続き呼び出しの概念に基づくプログラミングパラダイムの一種。命令型プログラミングと同義に扱われることが多い。手続きはプロシージャ、ルーチン、サブルーチン、メソッド、関数(数学の関数とは異なる。)など様々な呼称があるが、実行すべき一連の計算ステップを持つものと定義できる。手続きはプログラム実行中の任意の時点で呼び出すことができ、他の手続きからの呼び出しも、自分自身からの呼び出し(再帰呼び出し)も含まれる。

キャラクター素材

キャラクター素材

キャラクターアイコンの素材を紹介しているホームページです
キャラクター素材へ


非構造化プログラミング(ひこうぞうかぷろぐらみんぐ)とは、いわゆる構造化プログラミングに対するレトロニムのようなものであり、構造化された制御構造ではないラベルと分岐命令を直接使うようなプログラミングパラダイムである。非構造化プログラムは可読性が低くデバッグすることが難しい。そのため、何らかの構造をサポートするプログラミング言語では使われない手法である。しかし、条件文とgoto文の組合せによって任意のプログラム構造が実装可能であり、理論上はプログラミング言語にそれ以外の制御構造は必要ない。非構造化プログラミングはまだMS-DOSのバッチファイルのようなスクリプト言語やBASICやFORTRAN 66のような古いプログラミング言語で使われている。goto文(ジャンプ)は呼び出し手続きより僅かに性能が高いとはいうものの、現在のCPUアーキテクチャでは無視して良い程度になった。実際、不適切なそのような文の使用はコードを混乱させたりコンパイラ最適化を阻害してしまい、有害である場合がある。なお、一方で例えば proper tail call と呼ばれている末尾呼出しをジャンプ(goto)に変換する最適化は (1)明確かつ理論的な裏付けのあるプログラム変換になっている最適化であり、(2)意味的に明確な、再帰で書かれたプログラムを、スタックの無制限な伸長のような実行時の問題なく評価できるものである、など、重要なものでもあり、僅かに性能が高いとはいうものの、現在のCPUアーキテクチャでは無視して良い程度といったようなgotoに対する捉え方は、実は誤りである。

アイコン素材

アイコン素材

アイコンの素材を紹介しているホームページです
アイコン素材へ


構造化定理(Structure theorem)、構造化プログラム定理(structured program theorem) あるいは ベーム-ヤコピーニの定理(Bohm-Jacopini theorem)とも呼ばれる定理はプログラミング言語理論(英語版)の結論である。この定理は、もしも3つだけの手段(制御構造)で手続きを構築するならば、制御フローグラフの一分類(歴史的にフローチャートと呼ばれる)があらゆる計算可能関数を表現できることを述べている。

素材フリー

素材フリー

WEBアイコンやフリー素材サイトを紹介しているホームページです
WEB素材フリーへ


計算可能性理論(けいさんかのうせいりろん、computability theory)では、チューリングマシンなどの計算模型でいかなる計算問題が解けるか、またより抽象的に、計算可能な問題のクラスがいかなる構造をもっているかを調べる、計算理論や数学の一分野である。計算可能性は計算複雑性の特殊なものともいえるが、ふつう複雑性理論といえば計算可能関数のうち計算資源を制限して解ける問題を対象とするのに対し、計算可能性理論は、計算可能関数またはより大きな問題クラスを主に扱う。

顔文字素材

顔文字素材

顔文字の素材を紹介しているホームページです
顔文字素材へ


計算可能関数(けいさんかのうかんすう、英: Computable function)は、計算可能性理論研究の基本的な目的で、直観的には、アルゴリズムによって結果の値が得られる関数のことである。計算可能関数は、チューリングマシンやレジスタマシンといった具体的な計算モデルを参照せずに、計算可能性を論じるのに使われる。しかし、その定義には特定の計算モデルを参照する必要がある。計算可能関数の正確な定義が与えられる以前から、数学者は effectively computable(実効的に計算可能)という言い回しをよく使っていた。現在では、その概念が計算可能関数となっている。effective(実効的)であってもefficient(効率的)に計算できるということは導かない。実際、計算可能関数には非効率な場合もある。計算複雑性理論は、そのような関数の計算効率を研究している。

ホームページ素材

ホームページ素材

ホームページの素材を集めたホームページです
ホームページ素材へ


チューリングマシン (英: Turing Machine) は計算模型のひとつで、計算機を数学的に議論するための単純化・理想化された仮想機械である。

ホームページ作成

ホームページ作成

簡単にホームページを作成することができる方法を紹介しています
ホームページ作成へ


仮想機械(かそうきかい、仮想マシン、バーチャルマシン、英語: virtual machine、VM)とは、コンピュータの動作をエミュレートするソフトウェアやフレームワークである。また、エミュレートされた仮想のコンピュータそのものも仮想機械という。仮想機械によって、1つのコンピュータ上で複数のコンピュータやOSを動作させたり、別のアーキテクチャ用のソフトウェアを動作させることができる。

ロゴ作成

ロゴ作成

無料で簡単にロゴを作成することができるサイトを紹介しています
ロゴ作成へ


ハイパーバイザ (hypervisor) とは、コンピュータの仮想化技術のひとつである仮想機械(バーチャルマシン)を実現するための、制御プログラムである。仮想化モニタや仮想化OSと呼ばれることもある。IBMがオペレーティングシステムと呼んだためにその用語が普及したが、一般にはOSのことをスーパーバイザとも言う。ハイパーという語は、スーパーのさらに上という意味で使われることが一般にあるが、ここではそのような意味で、OSをさらに管理する層、というような意味である。

無料写真

無料写真

無料で写真を使用することができるサイトを紹介しています
無料写真へ

ブログ紹介

ブログ紹介

無料で簡単にロゴを作成することができるサイトを紹介しています
ブログ紹介へ


仮想化(英語: virtualization)とは、コンピュータのリソースを抽象化することである。リソースの物理的特性を、そのリソースと相互作用するシステム/アプリケーション/エンドユーザーから隠蔽する技法。単一の物理リソース(サーバ、OS、アプリケーション、補助記憶装置など)を複数の論理リソースに見せかけたり、複数の物理リソース(複数の補助記憶装置群やサーバ群)を単一の論理リソースに見せかけたりできる」という実用的定義がある。また、単一の物理リソースを何らかの特性の異なる単一の論理リソースに見せかけることもできる。そして、仮想回線により、幅が拡がる。

ホームページ紹介

ホームページ紹介

ホームページの紹介をすることができる掲示板などの紹介です
ホームページ紹介へ


仮想回線(英: virtual circuit、VC)とは、通信回線のうち、物理的には1回線であるものを、論理的には複数回線とみなされた回線をいう。TCP通信やフレームリレー通信ではVirtual Circuitの語が当てられ、おなじVCという略語を使っていても、コネクション型パケット交換やATMネットワークなどではVirtual Channelという単語を使う。

相互フォロー

相互フォロー



ツイッター相互フォローをしているアカウント紹介です
ツイッターフォローへ


データリンク層(データリンクそう、あるいは、データリンクレイヤ=Data Link Layer)とは、コンピューターの通信プロトコルのひとつであるデータリンクプロトコルを、プロトコルスタックの階層モデルにおける層(レイヤ)に対応させたものである。7階層のOSI参照モデルの下位の2層目に当たる。4階層のTCP/IP参照モデルに対応付ける場合は、最下位のリンク層に割り当てられることが多い。 このプロトコルでは、上層のネットワーク層からのサービス要求に応え[2]、下層の物理層に対してサービスを要求する。

レディースアイテム

レディースアイテム

レディースアイテムの商品紹介です
レディースアイテムへ


データ転送(データてんそう)とは、ある場所から別の場所へ何らかのデータや情報を転送することである。かつては飛脚が使われたり、焚き火や腕木通信のリレーで行われたりしたが、その後銅?線上でモールス符号を使って行われるようになった。さらにテレックスやコンピュータを使い、ビットまたはバイトのストリームを様々な技術を駆使して送信するようになった。転送手段としては、銅線、光ファイバー、レーザー、無線、赤外線などがある。例えば、Webサイトにアクセスして記憶装置からデータを取り出すことで、WebサーバからWebブラウザにデータ転送が行われる。ただし遠方へのデータや情報の移動や送り出す手法には転送と伝送があり、これらは区別される。データ転送に関する概念として通信プロトコルがある。現在はパケットをベースとしたプロトコルによる通信が多い。

メンズアイテム

メンズアイテム

メンズアイテムの商品紹介をしているホームページです
メンズアイテムへ


記憶装置(きおくそうち)は、コンピュータが処理すべきデジタルデータをある期間保持するのに使う、部品、装置、電子媒体の総称。記憶という語の一般的な意味にも対応する英語としてはメモリ(英: memory)である。記憶装置は情報の記憶を行う。他に記憶装置に相当する英語としてはストレージ デバイス(英: Storage Device)というものもある。

アイコンフリーその他